お仕事の内容

コンタクトセンター(コールセンター)とは

コンタクトセンター(コールセンター)とはのイメージ

コンタクトセンターとは、おもに電話を使って様々な企業の商品やサービスに関してお客様からの問合せや注文受付などを行うセンターのことです。最近は、電話での対応だけでなくeメールやFAXなどの対応も含めたお客様と企業を結ぶ「窓口」として重要な役割を担っています。複数のチャネルでお客様との接触(コンタクト)を行うため、コンタクトセンターと呼ばれています。
コンタクトセンター業務は、大きく分けるとインバウンド(受信業務)とアウトバウンド(発信業務)、さらに登録(データ入力業務)の3つに分かれます。

インバウンド業務(受信業務)とは

インバウンド業務(受信業務)とはのイメージ

お客様からのお問い合わせやご質問にお答えしたり、注文を電話で受付したりする業務です。
代表的な業務をピックアップしてご紹介します。

01カスタマーサポート業務
契約内容の確認、料金プランの変更など商品・サービスに関する受付業務です。
02テクニカルサポート業務
パソコンや携帯電話、電化製品などの設定・操作方法・トラブルに関する受付業務です。
03通信販売受注業務
テレビショッピング、インターネットや新聞、雑誌、折込広告などで紹介・掲載された商品、サービスなどの注文受付業務です。

アウトバウンド業務(発信業務)とは

アウトバウンド業務(発信業務)とはのイメージ

お客様にお電話をして、最新の情報をご案内したり、アンケート調査にご協力いただいたりする業務です。
代表的な業務をピックアップしてご紹介します。

01商品・サービスの案内業務
キャンペーンや新商品、新サービスのご案内をする業務です。
02促進、勧奨業務
イベント等への来場促進やキャンペーン商品の勧奨をする業務です。
03電話調査業務
選挙の世論調査や、ニーズ調査などを行う業務です。

データ入力業務(登録事務業務)とは

データ入力業務(登録事務業務)とはのイメージ

お客様からいただいた情報を基に、決められたルールに従ってパソコンの専用画面で、キーボードやマウスを使って情報を登録していく業務です。