働く人インタビュー

働く人インタビュー 安間さん

管理職(スーパーバイザー)になり
成果を上げるチームづくりに
チャレンジしていきたい

安間さんオペレーター

沖縄県出身 / 2015年入社

現在のお仕事について教えてください

今は、折りたたみ携帯を使われているお客様にお電話をかけて、スマートフォンをオススメする業務をしています。

仕事は難しいと感じますか?

難しいですね。
折りたたみ携帯を使われているお客様は、スマートフォンの操作が分からないという不安があります。
使い方の説明や、スマートフォンの良い面を伝えて、お客様の不安を安心に変えていくことが難しいと感じています。

働く人インタビュー 安間さん

面白いと感じることはありますか?

お客様一人ひとりのニーズを捉えてお応えできたときに、達成感というかやりがいがあると感じます。

入社したきっかけを教えてください。

正直、長く働くつもりはありませんでした。
コールセンターは時給が高いイメージがあったので、派遣社員として入社してみました。
しかし、働いてみたら仕事の面白さに気づき、派遣社員から契約社員へ、そして「正社員登用制度」に応募し、今は正社員として働き続けています。
今は一般のコミュニケーターなのですが、サブリーダー、リーダーを経て、管理職であるスーパーバイザーになるために頑張っています。

目指しているスーパーバイザーとは、
どのような業務をするのですか?

スーパーバイザーは、現場リーダーへの日々の業務指示や進捗の確認、アドバイスを行いながら、チームの目標をどのようにしたら達成できるのかを考えて、メンバーの適切な配置を行っています。
つまり周りの人を活躍させる仕事だと思っています。

今までは自分の成果をあげるために努力してTOP3に入る成績を上げてきましたが、最近は少し現場を離れ、新入社員の研修で教える講師もしています。
新しく入社してきた人たちに業務を教えているのですが、自分がスーパーバイザーになったときに教えた人たちとチームを組み一緒に働いていきたいと思っています。
チームづくりはあまり自信がありませんが、それでも挑戦してみたいです。

働く人インタビュー 安間さん

講師をして意識していることや
身についたことはありますか?

教え方が上手だなと思う人のやり方を取り入れることで、自分自身のためにもなっています。
ただ知識を伝えるだけではなく、現場で得てきた経験から「もしこのような場合はどうする?」というふうに実際の現場で起こった状況を伝え、教わる人が自分自身で考えることができるように心がけています。

働く人インタビュー 安間さん

入社を検討している方に
メッセージをお願いします

エボルバ沖縄は待遇がいいです!
そして、向上心があれば、将来のビジョンをもって働いていく楽しさがあります。

安間さんの働いている場所

沖縄市テレワークセンターはひろい休憩スペースがあってリラックスして働けます!

沖縄市テレワークセンターのイメージ

沖縄市テレワークセンター

〒904-0004
沖縄県沖縄市中央1丁目32番7号
沖縄市テレワークセンター
TEL:098-921-0500

沖縄市テレワークセンターはどんなところ?

INTERVIEW 働く人インタビュー